HOME

新着・お知らせ
平成29年度 社会福祉従事者研修事業の御案内について、3月に更新いたしました。
社会福祉従事者研修予定表
研修目標について
事業報告
研修会のご案内
階層別研修
スキルアップ(技能習得)研修
介護支援専門員関連研修
介護支援専門員の
更新制度・研修体系について
研修会の様子
様式・資料ダウンロード
関連リンク
お問い合せ
徳島県社会福祉協議会
福祉人材センター人材育成支援担当
〒770-0943
徳島市中昭和町1丁目2番地
(徳島県立総合福祉センター3F)
TEL.088-654-8383
FAX.088-657-1311
スキルアップ(技能習得)研修

福祉に従事する方の、それぞれの専門性をより一層高めていただくため、知識・技術の習得、組織体制の見直し・職員の育成のための研修、国家資格取得のための対策講座などを開催しています。
研修名
主な内容

NO.12
福祉専門職のための人材育成研修~スーパービジョンの実践~
第1日目
【講義】SV実践の基礎理論
【演習】DVD学習によるSVのイメージ化

第2日目
【演習】SVで活用するコーチング
【シンポジウム】過去の受講者の実践報告

第3日目
*SV実践報告・情報交換会*
【演習】グループを活用したピアSV

第4日目
【演習】事例検討会でのSV

第5日目
*SV実践報告・情報交換会*
【演習】組織体制を視野に入れた個人SV
主な対象
実施時期

社会福祉施設における管理的職員・指導的職員・中堅職員等で5日間受講できる方

Aコース(介護支援専門員)
Bコース(社会福祉施設等の職員)

各コース25名

(1日目)平成30年5月16日(水)
(2日目)平成30年5月17日(木)
(3日目)A日程平成30年7月12日(木)
     B日程平成30年7月13日(金)
(4日目)A日程平成30年9月12日(水)
     B日程平成30年9月13日(水)
(5日目)A日程平成30年11月15日(木)
     B日程平成30年11月16日(金)
研修名
主な内容

NO.07
対人援助職のための接遇研修
<研修プログラム>

10:00~12:00
【講義1】福祉職における接遇の基本
 *福祉接遇とは何か ~応用処遇の意味
 *優れた接遇の条件
 *基盤スキルとしての「話す・聞く」

【演習1】経験分析

【講義2】接遇基本スキル1~話し方
 *相手心理を考えて話すコツ
 *接遇対話の展開方法
 *接遇表現の扱い方

12:00~13:00<昼食・休憩>

【講義3】接遇基本スキル2~聞き方
 *聞くことと話すことの重要な関連性
 *相手の心理に迫る,上手な聞き方と質問の仕方

【演習2】聞き方トレーニング
【演習3】接遇の実際

【講義4】場面ごとの心得
 *あいさつ・返事の意義とはたらき
 *電話対応の基本と注意点
 *マナーの意義とそのあり方

【講義5】さらに接遇能力を高めるために
 *周囲に学ぶ姿勢を待つ
 *話すことへの意識を高める
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の新任職員・中堅職員

定員【60名】

平成30年4月27日(金)
研修名
主な内容

NO.016
平成29年度<圏域別>地域包括ケア研修
地域包括ケアシステムの構築に向けて~地域ケア会議の意義と効果を理解する~
13:00~13:30 受付

13:30~13:35 開会あいさつ

13:35~16:30 研修テーマ:地域ケア会議の有効活用を考えよう!
            講義
            「地域ケア会議の意義」
            講師:鳴門市役所健康福祉部長寿介護課
              (徳島県介護支援専門員協会 理事)
                中 健太郎 氏
            グループワーク
            「認知症のある高齢者を家族・多職種・地域で支える」 
主な対象
実施時期

各圏域の医療,保健,福祉,行政関係者等
(介護支援専門員,地域包括支援センター職員,医師,歯科医師,介護職,相談色職,県・市町村の担当者等)

平成29年度の研修は終了致しました
研修名
主な内容

NO.38
対人援助職のためのコミュニケーション研修(フォローアップ編)
1日目:<講義・演習>
     *支援の困難さと向き合うには(上級編の振り返り)
     *専門職としての自分を振り返る

2日目:<講義・演習>
     *支援困難な実践事例を振り返る(実践報告)
     *支援者として支援されるために
主な対象
実施時期

「対人援助職のためのコミュニケーション研修(上級編)」又は「福祉カウンセリング講座」受講修了者(中堅・指導的職員・管理者等) 【定員:20名】

平成29年度の研修は終了致しました
研修名
主な内容

NO.37
*児童福祉施設職員のための*
発達障がいのある子どもの理解と支援方法
〈講義・グループワーク〉
・発達障がいのある子どもへの支援方法~対応・工夫~
〈講演〉
・保護者の方々の体験談
~職員から見た発達障がい・家族から見た発達障がいはどう違うの?~
*発達障がい者支援センターより、保護者の方3名にご出席いただきます*
〈まとめ・グループワーク〉
・体験談を聞いての気づき、質疑応答
主な対象
実施時期

児童福祉施設の職員【定員:40名】

平成29年度の研修は終了致しました。
研修名
主な内容

NO.35
平成29年度「福祉専門職のための人権研修」
 【講義・演習】
  〇私の人生の主人公は私自身
  ~ヒューマンサービスの専門家とは!~
  ~当事者主権が社会を変える!~
主な対象
実施時期

社会福祉施設等で働く新任職員・中堅職員【定員:60名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.28
平成29年度「福祉職場のためのリスクマネジメント研修」
 <講義・演習>

 〇福祉サービスにおけるリスクマネジメント
 〇チームワークとリスクマネジメントの関係
 〇効果の上がるヒヤリハット活動
 〇KY(危機余地)活動について
 〇失敗学のすすめ
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の中堅職員・指導的職員・管理者【60名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.34
キャリアパス支援セミナー(東部)
講義
『福祉現場の人財育成』
 一般財団法人 OAA(野外活動協会)
  専務理事・生涯学習コーディネーター 清水 勲夫 氏

実践報告・意見交換会
実践報告①
  特定非営利活動法人 藍住町手をつなぐ育成会 オレンジノート
    所長 森 哲哉 氏
*実践報告内容
  『福祉未経験職員とともに取り組む人材育成について』

実践報告②
  社会福祉法人 蒼生会 ひまわり保育園
    主任 長尾 明子 氏                   
*実績報告内容
  『保育士一人ひとりの資質能力向上のための職員研修』

情報交換
  『人財育成上の問題解決について~私の職場の現状・取り組み~』
まとめ
  『これからの人財育成の展開』

情報提供
  『職場内人材育成支援事業について』(徳島県社会福祉協議会)
主な対象
実施時期

社会福祉施設及び市町村社協の管理者、職場内における人材育成の推進の中核者となる方
*お申込の受付は先着順です。
*1事業所あたりの参加人数を制限させていただく場合がありますことを御了承ください。
*圏域外の参加申込も可能です。

平成29年度の研修は終了致しました。
研修名
主な内容

NO.14
クレーム対応力強化セミナー~クレームをポジティブに捉えてよりよい信頼関係を築く~
<討議・グループワーク・ロールプレイ>

○クレームの本質,クレームおよび不当なクレームへの対応
○利用者・家族との信頼関係について,アサーティブな自己の獲得
○事例をもとにしたグループワーク・ロールプレイ
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の職員【定員:70名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.10
チームリーダーのためのマネジメント研修~リーダーに必要なマネジメント力を磨く~
【第1回】
9月14日(木)
『チーム・マネジメントリーダーとしてなすべきこと(講義)』
『より高い成果に向けて今,問題・課題となっていること(演習・討議)』


【第2回】
9月24日(木)
『チームワークをマネジメントする(講義・演習)』
『会議をマネジメントする(講義・演習)』


【第3回】
10月11日(水)
『人を育てる職場づくり』
『職場の問題解決に向けた行動プラン(演習・発表)』
『講評・まとめ』
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の職員(業務経験が3年以上で,チームリーダーとしての役割が期待される者で,3日間参加できる方)【定員:40名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.33
職場内研修モデル事業(二次募集)
[対象経費]
事業実施に必要な経費として明確に区分できるもので、次にあげる経費が対象となります。
報償費(謝金含む)/旅費/消耗品費/印刷製本費/会議費/通信運搬費/賃借料
※既存職員の人件費・飲食代・備品購入の経費は対象外

[助成限度額は]
1事業所あたりの助成限度額200千円です。

[事業の採択]
本会が定める選考基準に基づき審査を行い、事業所を採択いたします。なお、審査にあたり必要に応じて事前に事務局職員がヒアリングを実施することがあります。また、申請されても次に該当する場合は、審査対象となりません。
①提出書類に虚偽の記載があった場合
②本要領に違反又は著しく逸脱した場合
③その他、審査結果に影響を及ぼす恐れのある不正行為があった場合
主な対象
実施時期

①県内の事業所であり、職場内研修体系を構築している事業所
※既に本事業を実施済みの事業所は対象外
②職場内の研修計画策定にとどまらず、研修計画に基づいた人材育成活動の実施並びに展開を念頭に置いている事業所
③本事業実施後、次年度以降に徳島県社会福祉協議会が開催する「キャリアパス支援セミナー」において報告いただける事業所
④徳島県社会福祉協議会または他の事業所に事業を通じて協力できる事業所

平成29年度の募集は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.13
平成29年度レクリエーション研修~対象者に合わせたレクリエーション~
【講義】
対象者に合わせたレクリエーション

【実技】
明日からすぐに使えるレクリエーション
(楽しく体を動かそう!運動編・机上での活脳ゲーム編)
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の職員【定員:60名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.32
職場内研修担当者養成研修
1日目

(講義・演習)
①これからの福祉人材育成と職場内研修
②OJT活性度診断
③OJTの実践スキル
④部下・後輩指導の効果的進め方

2日目

(講義・演習)
①OFF-JTの基本と進め方
②問題解決技法によるOFF-JT ~業務遂行上の問題点~
③研修企画の立案と研修の実施
④職場研修ニーズに基づく研修企画の立案
⑤年度計画の策定と実施後のフォロー
主な対象
実施時期

職場内研修の担当者となり経験が浅い者、または、これからその役割が期待される者等[定員:40名]

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.09
対人援助職のためのコミュニケーション研修(上級編)
1日目
講義・演習『利用者の関係性を理解する』
・指導的立場における利用者支援の視点
     ~利用者を取り巻く関係性の理解~

・関係性の仕組みを理解する


2日目
講義・演習『支援上の問題への関わり方を学ぶ』
・支援上の問題の仕組みを理解する
     ~指導的立場としての「問題」の捉え方・関わり方を学ぶ~

・問題の解決に向けた面接技法・コミュニケーションを学ぶ
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の管理的職員・指導的職員・中堅職員で2日間参加できる方【定員:40名】

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.05
福祉職場のためのメンタルヘルス研修~働きやすい職場づくりを目指して~
<プログラム>
*オリエンテーション*

『講義・演習』
①働く人のメンタルヘルスの現状
②ストレスとうつ
③ストレスとコミュニケーション
④対人援助職のメンタルヘルス
⑤今日のまとめ

 12:00~13:00は昼食・休憩となります。
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の中堅以上の職員
【定員:50名】

平成30年6月1日(金)
研修名
主な内容

NO.04
対人援助のためのコミュニケーション研修(初級編)
○対人援助職における基本的知識を学ぶ
・対人援助関係の原則とは
・対人援助における基本的考え方

○コミュニケーションの基礎を学ぶ
・コミュニケーションの3つのレベル
・傾聴、承認、観察
・効果的な応答、質問

○対象者の強みを引き出すコミュニケーション技法を学ぶ
・強みの探し方、伝え方
・ジョイニングとリフレーミング
・傾聴スキルと支援プロセス
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の職員
[定員:60名]

平成29年度の研修は終了しました
研修名
主な内容

NO.03
福祉人材定着支援セミナー~やめない職員の職場づくり~
<プログラム>
 *オリエンテーション

<10:00~12:00 講義・演習>

 〇なぜ人材が定着しないのか
 〇人材が定着している職場
 〇離職が少ない職場の指導者
  ~リスクマネジメント3つの視点
 〇職場が求める専門職像
  ~人材育成の落とし穴

<12:00~13:00 昼食・休憩>

<13:00~16:00 講義・演習>

 〇健全なチームケアのために
 〇事例検討
  ①注意し合えない職員関係
 〇事例検討
  ②報連相が徹底しない職場
 〇専門職としての感情コントロール
 〇職員が離職を考えるとき
 〇まとめ
主な対象
実施時期

社会福祉施設等の中堅職員・指導的職員・管理者
[定員:60名]

平成30年6月5日(火)
研修名
主な内容

NO.31
キャリアパス支援セミナー(西部)
講義
『福祉現場の人財育成』
 一般財団法人 OAA(野外活動協会)
  専務理事・生涯学習コーディネーター 清水 勲夫 氏

実践報告・意見交換会
実践報告①
  特定非営利活動法人 藍住町手をつなぐ育成会 オレンジノート
    所長 森 哲哉 氏
*実践報告内容
  『福祉未経験職員とともに取り組む人材育成について』

実践報告②
  社会福祉法人 石井福祉会 さくら認定こども園
    園長 清重 弘子 氏                   
*実績報告内容
  『自律型職員の育成をめざしての職場での取り組みについて』

情報交換
  『人財育成上の問題解決について~私の職場の現状・取り組み~』
まとめ
  『これからの人財育成の展開』

情報提供
  『職場内人材育成支援事業について』(徳島県社会福祉協議会)
主な対象
実施時期

社会福祉施設及び市町村社協の管理者、職場内における人材育成の推進の中核者となる方
*お申込の受付は先着順です。
*1事業所あたりの参加人数を制限させていただく場合がありますことを御了承ください。
*圏域外の参加申込も可能です。

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.30
平成29年度「障がい者・児福祉施設のための発達障がい支援者研修」
 別紙開催要項のとおり
主な対象
実施時期

障がい者・児福祉施設の職員【定員:40名】

平成29年度の研修は終了致しました。
研修名
主な内容

NO.27
圏域別キャリアパス支援セミナー(南部)
講義
『福祉現場の人材育成』

実践報告・意見交換会

実践報告①
   特定非営利活動法人 藍住町手をつなぐ育成会 オレンジノート
    所長 森 哲哉 氏
 *実践報告内容
    『福祉未経験職員とともに取り組む人材育成について』

実践報告②
   社会福祉法人 石井福祉会 さくら認定こども園
    園長 清重 弘子 氏
*実践報告内容
    『自律型職員の育成をめざしての職場での取り組みについて』

情報交換
『人財育成上の問題解決について
               ~私の職場の現状・取り組み~』

まとめ
  『これからの人財育成の展開』

情報提供
  『職場内人材育成支援事業について』(徳島県社会福祉協議会)
主な対象
実施時期

社会福祉施設及び市町村社協の管理者、職場内における人材育成の推進の中核者となる方        
*お申込の受付は先着順です。
*1事業所あたりの参加人数を制限させていただく場合がありますことを御了承ください。
*圏域外の参加申込も可能です。

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.25
平成29年度育ち輝く!とくしまの福祉人財応援事業(サポート編)」
別紙「申込書ダウンロード」を参照
主な対象
実施時期

下記の条件を満たす徳島県内の社会福祉施設等
*職場内研修を初めて実施しようと考えている。又は、実施して間もないため漠然とした研修テーマとなっている。
*テーマ別の研修を実施しているが、今後キャリアパスなど研修内容を充実させるための職場内研修を検討している。

平成29年度の募集は締め切りました
研修名
主な内容

NO.24
平成29年度「育ち輝く!とくしまの福祉人財応援事業(相談編)」
相談内容  
【① 人材育成の仕組みづくりについて 】
・各階層に求められる役割やスキルがわからない。
・職場内の人材育成の現状を把握して整理したい。
・人材育成計画の立て方がわからない。計画を見直したい。等
   
【② 職場内研修の企画・実施について】
・職場内研修の現状を整理したい。
・職場内研修の企画の仕方がわからない。
・講師の情報について知りたい。
・職場内研修を実施するための段取りがわからない。
・より効果的な職場内研修を実施したい。等
主な対象
実施時期

徳島県内の社会福祉施設等

平成29年5月22日(月)から平成30年3月30日(金)まで随時