HOME

新着・お知らせ
平成29年度 社会福祉従事者研修事業の御案内について、3月に更新いたしました。
研修目標について
事業報告
研修会のご案内
階層別研修
スキルアップ(技能習得)研修
介護支援専門員関連研修
介護支援専門員の
更新制度・研修体系について
研修会の様子
様式・資料ダウンロード
関連リンク
お問い合せ
徳島県社会福祉協議会
福祉人材センター人材育成支援担当
〒770-0943
徳島市中昭和町1丁目2番地
(徳島県立総合福祉センター3F)
TEL.088-654-8383
FAX.088-657-1311
介護支援専門員関連研修

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資質向上のための基礎研修や専門研修、介護支援専門員の資格取得のための実務研修を実施しています。
研修名
主な内容

NO.21
介護支援専門員実務研修
第1章 介護保険制度の理念・現状及びケアマネジメント
第2章 自立支援のためのケアマネジメントの基本
第3章 相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎
第4章 人格の尊重及び権利擁護並びに介護支援専門員の倫理
第5章 利用者、多くの種類の専門職等への説明及び合意
第6章 ケアマネジメントのプロセス
第7章 ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術第7-①章 受付及び相談並びに契約
第7-②章 アセスメント及びニーズの把握方法
第7-③章 居宅サービス計画等の作成
第7-④章 サービス担当者会議の意義及び進め方
第7-⑤章 モニタリング及び評価
第8章 介護支援専門員に求められるマネジメント(チームマネジメント)
第9章 地域包括ケアシステム及び社会資源
第10章 ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義
第11章 ケアマネジメントに係る法令等の理解
第12章 実習オリエンテーション
第13章 ケアマネジメントの基礎技術に関する実習
第14章 実習振り返り
第15章 ケアマネジメントの展開 第15-①章 基礎理解
第15-②章 脳血管疾患に関する事例
第15-③章 認知症に関する事例
第15-④章 筋骨格系及び廃用症候群に関する事例
第15-⑤章 内臓の機能不全(糖尿病、高血圧、脂質異常症、心疾患、呼吸器疾患、腎臓病、肝臓病等)に関する事例
第15-⑥章 看取りに関する事例
第16章 アセスメント及び居宅サービス計画等作成の総合演習
第17章 研修全体を振返って意見交換、講評及びネットワーク作り
登録制度・更新について
主な対象
実施時期

平成29年度徳島県介護支援専門員実務研修受講試験合格者、徳島県介護支援専門員実務研修受講試験合格者で本研修を未受講の者

平成29年12月15日(金)から平成30年3月13(火)まで(17日間)
別に実習課目(3日程度)あり
研修名
主な内容

NO.23
介護支援専門員再研修
第1章 介護保険制度の理念・現状及びケアマネジメント
第2章 自立支援のためのケアマネジメントの基本
第4章 人格の尊重及び権利擁護並びに介護支援専門員の倫理
第8章 介護支援専門員に求められるマネジメント(チームマネジメント)
第9章 地域包括ケアシステム及び社会資源
第10章 ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義
第11章 ケアマネジメントに係る法令の理解
第13章 ケアマネジメントの基礎技術に関する実習
第15章 ケアマネジメントの展開 第15-①章 基礎理解
第15-②章 脳血管疾患に関する事例
第15-③章 認知症に関する事例
第15-④章 筋骨格系及び廃用症候群に関する事例
第15-⑤章 内臓の機能不全(糖尿病、高血圧、脂質異常症、心疾患、呼吸器疾患、腎臓病、肝臓病等)に関する事例
第15-⑥章 看取りに関する事例
第16章 アセスメント及び居宅サービス計画等作成の総合演習
登録制度・更新について
主な対象
実施時期

介護支援専門員として登録を受けた者であり、登録後5年以上実務に従事していない、または実務経験は
あるが、5年以上実務に従事していない者で、今後、新たに介護支援専門員証の交付を受けようとする者。
※介護支援専門員証の有効期限がすでに切れた方を対象としています。

平成29年12月15日(金)から平成30年3月13(火)まで(13日間)
研修名
主な内容

NO.18
介護支援専門員更新研修(専門研修課程Ⅰ)
【講義・演習】
①ケアマネジメントにおける実践の振り返り及び課題の設定
【講義】
②対人個別援助技術及び地域援助技術
【講義・演習】
③状態に応じた多様なサービスの活用に関する事例
④入退院時等における医療との連携に関する事例
⑤看取り等における看護サービスの活用に関する事例
⑥家族への支援の視点が必要な事例
⑦認知症に関する事例
⑧社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
【講義】
⑨ケアマネジメントの実践における倫理
⑩消費者被害に遭わないために(消費者教育)
⑪介護保険制度及び地域包括ケアシステムの現状
⑫ケアマネジメントに必要な医療との連携及び他職種協働の実践
【講義・演習】
⑬リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
【講義】
⑭個人での学習及び介護支援専門員相互間の学習
⑮研修全体を振り返っての意見交換、講評及びネットワーク作り
主な対象
実施時期

更新研修(課程Ⅰ)
介護支援専門員証の有効期限が平成30年3月31日までに満了する者であって、有効期限中に介護支援専門員として実務に従事している者又は従事していた経験を有する者で、全日程に参加できる者。
専門研修(課程Ⅰ)
現在、介護支援専門員として実務に従事している者(就業後6か月以上)であって、全日程に参加できる者。

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.19
介護支援専門員更新研修(専門研修課程Ⅱ)
【講義】
①介護保険制度及び地域包括ケアシステムの今後の展開
【講義・演習】
②社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
③リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
④認知症に関する事例
⑤家族への支援の視点が必要な事例
⑥状態に応じた多様なサービスの活用に関する事例
⑦看取り等における看護サービスの活用に関する事例
⑧入退院時等における医療との連携に関する事例
主な対象
実施時期

更新研修(課程Ⅱ)
介護支援専門員証の有効期限が平成30年3月31日までに満了する者であって、有効期限中に介護支援専門員として実務に従事している者又は従事していた経験を有する者で、全日程に参加できる者。
専門研修(課程Ⅱ)
現在、介護支援専門員として実務に従事している者(就業後3年以上)であって、全日程に参加できる者。

平成29年度の研修は終了いたしました。
研修名
主な内容

NO.22
介護支援専門員更新研修(実務未経験者対象)
第1章 介護保険制度の理念・現状及びケアマネジメント
第2章 自立支援のためのケアマネジメントの基本
第4章 人格の尊重及び権利擁護並びに介護支援専門員の倫理
第8章 介護支援専門員に求められるマネジメント(チームマネジメント)
第9章 地域包括ケアシステム及び社会資源
第10章 ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義
第11章 ケアマネジメントに係る法令の理解
第13章 ケアマネジメントの基礎技術に関する実習
第15章 ケアマネジメントの展開 第15-①章 基礎理解
第15-②章 脳血管疾患に関する事例
第15-③章 認知症に関する事例
第15-④章 筋骨格系及び廃用症候群に関する事例
第15-⑤章 内臓の機能不全(糖尿病、高血圧、脂質異常症、心疾患、呼吸器疾患、腎臓病、肝臓病等)に関する事例
第15-⑥章 看取りに関する事例
第16章 アセスメント及び居宅サービス計画等作成の総合演習
登録制度・更新について
主な対象
実施時期

平成30年3月末に介護支援専門員の有効期限が切れる者で、介護支援専門員証の交付を受けてから、介護支援専門員として実務に従事した経験を有しない者。

平成29年12月15日(金)から平成30年3月13(火)まで(13日間)