HOME

新着・お知らせ
平成30年度 社会福祉従事者研修事業の御案内について、3月に更新いたしました。
社会福祉従事者研修予定表
社会福祉従事者研修予定表
研修目標について
研修会のご案内
階層別研修
スキルアップ(技能習得)研修
介護支援専門員関連研修
様式・資料ダウンロード
関連リンク
お問い合せ
徳島県社会福祉協議会
福祉人材センター人材育成支援担当
〒770-0943
徳島市中昭和町1丁目2番地
(徳島県立総合福祉センター3F)
TEL.088-654-8383
FAX.088-657-1311
スキルアップ(技能習得)研修
×戻る
研修名
内容

NO.30
平成30年度「記録の書き方研修」

<プログラム>
1.記録の目的・役割
2.記録の書き方・観察のポイント
3.事例を記録する
4.実践を記録する

主な対象
実施時期

社会福祉施設等の職員【定員:40名】


平成31年2月20日(水)

目的
日々変化する利用者の状態や生活状況を職員間で情報共有し,統一したケアを行うためには記録を適切に行うことが必要です。
本研修では,記録の目的や意義を理解すると共に,これまでの記録を振り返ります。また,具体的な記述方法と実践力の向上を学びます。

主な内容
<プログラム>
1.記録の目的・役割
2.記録の書き方・観察のポイント
3.事例を記録する
4.実践を記録する

お申し込み方法
 受講申込書に必要事項を御記入のうえ,FAXまたは郵送で、2月12日(火)までに県社協へお申込ください。
 ※受講決定後、本会より御連絡させていただきます。なお,2月15日(金)までに連絡がない場合は,恐れ入りますが本会までお問合せください。
 ※定員に達した場合は,お断りをさせていただく場合があります。また申込多 数の場合は、徳島県社会福祉協議会会員施設の方を優先させていただきます。


講師略歴
 講師
  京都保育福祉専門学院
   学院長 岡本 匡弘氏


<講師プロフィール>
 京都市出身。佛教大学で社会福祉を学び卒業後,当時としては珍しい男性職員として視覚障害者の高齢者施設で働く。
 ”利用者と1日1回,腹から笑い合う関係を持つこと”を介護観とし,利用者の日常生活の支援を実践する。その後,保育士と幼稚園教諭,介護福祉士を養成する京都保育福祉専門学院の講師となる。専門学校の講師をしながら,立命館大学大学院に通い卒業する。
 京都保育福祉専門学院では介護福祉科の教務主任,学科長を歴任し,現在は学院長の任に就いている。
 また学院外では,近畿各都道府県の介護・福祉の事業所の研修プログラムの作成や研修講師,資格取得の受験対策講座講師を担当する。そして,高齢者対象の介護セミナー講師や全国の外国人介護福祉士候補者の研修を担当する。


♫受講生へのメッセージ♫
「記録は利用者の生活の証,介護福祉職の仕事の証,一緒に考えてみませんか?」

×戻る